case study 事例紹介

take the lead case 取引事例

ケース1:直営化

面積1,200坪
スペックマシンジム、スタジオ(2面)、スカッシュコート(3面)、アリーナ、プール(25M×5コース)、ジャグジー、ゴルフレンジ
開業平成4年

経緯と背景

  • 大手フィットネスクラブテナント(一棟借り)の中途解約による退店が決定。
  • 開業から15年以上経過した店舗(平成5年までの開業)は不動産関連コストが、かなりの高水準で維持されたままであることが多い。
  • 同様に経年劣化による施設の競争力低下で、事業者の収益改善が期待できず撤退が全国的に加速。

弊社の取り組み・ソリューション提案

  • 事業評価レポート作成依頼を頂き、当該施設及び、競合施設の調査、対象商圏のマーケティングを実施。
  • マーケット内には、競合が多数存在するものの、マーケット特性・ニーズにマッチしたサービスを提供しているクラブはないことを指摘。
  • 本件施設も、リニューアルすれば十分に継続使用可能と判断し、ハード・ソフトの双方における再生手法や成功事例を提示。
  • 収益の最大化の結論として、リテナントによる賃貸借事業ではなく、建物オーナーの直営による、事業収入での不動産再利用を提案。

弊社が第三者的な立場で事業を評価。再生可能との判断に至り、事業の立ち上げをサポートしました。

ケース2:事業譲渡

面積560坪
スペックマシンジム、スタジオ(3面)、岩盤浴
開業平成4年

経緯と背景

  • 近年の健康ブームと不動産開発ラッシュでフィットネスクラブも拡大成長路線をひた走ってきた。
  • 結果、ここ数年に新規開業した店舗は、事業採算割れで、経営が行き詰まる店舗が続発。
  • その最大の原因は、過大な初期投資。
  • 本件も営業努力ではカバーしきれない慢性的な赤字体質となり、自社による事業継続を断念せざるを得ない状況に陥った。
  • しかし不採算店舗に対して、単純に物件情報を流しても、譲り受ける会社がない事は明白であった。

弊社の取り組み・ソリューション提案

  • 事業評価を実施した上で、有効な売上げアップ・経費削減の双方の収益のアップサイドの具体的手法を提示。
  • 更に、フィットネスクラブ業界各社の出店戦略を検証し、同エリアでの出店可能性が高い事業者をピックアップ。
  • 単なるテナントリーシングではなく、収益アップ策を提案しながら譲受人を選定し、施設の最大価値を引き出す事業譲渡に成功。
  • 併せて、債権者、各種ステークホルダーとの交渉、調整を行い、円滑なエグジットを総合的にサポート。

事業評価から、あるべき事業モデルへの再構築を行い、ターンアラウンド方式による再生を実現。

ケース3:営業支援

面積400坪
スペックマシンジム、スタジオ(2面)、岩盤浴
開業平成19年

経緯と背景

  • 前述した「ケース2」の物件同様、過大な初期投資や固定費により、開業以来、赤字続き。
  • 更にフランチャイザーの破綻により、経営が混乱。
  • 有効な手立てが打てず、会員数の減少、収益の悪化が止まらなかった。

弊社の取り組み・ソリューション提案

  • 弊社にて現況に即した、商圏エリア特性、競合状況の把握といったマーケティングの実行。
  • 調査結果にもとづいた販促計画、会員種別・スタジオプログラムの見直し、有料プログラムの導入などを具体的に提案。
  • 催事・イベント業者を誘致や、ランニングコストの見直しによる、即効性のある収益の向上を実現。
  • 一方で賃料減額等の不動産関連費用の削減、固定費の圧縮など様々な交渉・調整業務をサポート。

ディベロッパーとしての開発実績と店舗運営ノウハウに精通した15年以上の実務経験を通じて、実践的アプローチによる業務向上に特化した戦略的ソリューションを提供いたします。

ケース4:営業再生支援

面積700坪
スペックマシンジム、スタジオ(1面)、プール(25m×5コース)、風呂、サウナ
開業平成5年

経緯と背景

  • ショッピングモール内の店鋪で、開業後大型の競合施設が相次いで出店し、モール内の退店が加速し、集客力が著しく低下。
  • 更に近隣に大手チェーン系の競合スポーツクラブが複数出店し、会員数が激減。
  • 有効な手立てが打てず、会員数の減少、収益の悪化が止まらなかった。

弊社の取り組み・ソリューション提案

  • 弊社にて現況に即した、商圏エリア特性、競合状況の把握といったマーケティングの実行。
  • 調査結果にもとづいた販促計画、会員種別・スタジオプログラムの見直し、有料プログラムの導入などを具体的に提案。
  • 催事・イベント業者を誘致や、ランニングコストの見直しによる、即効性のある収益の向上を実現。
  • 不動産関連費用の削減、固定費の圧縮など様々な交渉・調整業務をサポート。

月間400万円の赤字店舗を1年間で、月次黒字化に達成。3年間で約2,000名まで減少した会員数を4,000名超まで回復。高収益店舗に再生。

PAGE TOP